Home  »  農民新聞  »  農民新聞コラム「種蒔く人」  »  農民新聞コラム「種蒔く人」4月25日号

農民新聞コラム「種蒔く人」4月25日号

農民新聞コラム「種蒔く人」

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

2011年04月20日

▼かつて米価問題で政府と私達が対立しているとき、森島賢東大教授がよく解決の方向付けへの提言をしてくれた。「福島第1原発事故」が続く中で先生は、「福島を新エネルギー革命の旗手に」をテーマに提言をしている

▼それは希望を奪ってしまった犠牲者のみなさんと国民に対し、前途に光明を見出す道だといってよい。先生は、この国のエネルギーと食糧自給率を極端に下げてしまった経済政策のあり方を問いつつ、チェルノブイリの原発大事故を引き合いにドイツの例を示しながら、ドイツにできることが日本にできないはずはないと強調する。そして、その具体化と関連し、再生可能エネルギーの電力会社買い取り制度などにふれる

▼私達の農民運動史も、絶望の中から光明を見出しつつ、新たな道を拓いてきた。「福島を新エネルギーの旗手に」の提言は、地域的実践を基本にした、災いを転じて福となす道を説いている。

(ごんべえ)

このページのトップへ