Seduction of Claude Debussy

Seduction of Claude Debussy

539円

Seduction of Claude Debussy

Seduction of Claude Debussy:私たちのファクトリーは、最高品質の有名ブランドの電子機器を非常に低価格で提供してきました。 99年発表。トレヴァー・ホーン、ポール・モーリィ、アン・ダットリー、元10cc~ゴドレイ&クレームのロル・クレームという布陣で再結成されたAONの新作。AORはトレヴァー・ホーンらが設立したZTTレーベルからデビューした当初はそのトレヴァーが中心となっていると思われていたが、それに反発したメンバーらはアルバム『誰がアート・オブ・ノイズを・・・』発表後、チャイナ・レコードに移籍して活動を行なっていた。グループは素晴しい作品を制作していったが、時代の流れもあってか徐々に失速し、89年の『below the waste』でほぼ活動を停止していた。その後も数々のリミックス盤なども発表されているが、メンバーが関わっていたかは不明である。本作にはアン・ダッドリーの出戻りはあるものの、J.J.ジュクザリク、ゲイリー・ランガンは不参加となっており、彼らに言わせればAONではないという見解にもなると思う。作品はタイトルからも伺えるようにドビッシーの作品の引用による再構築であり、古くはレゲエのダブ、そして近年ではハウス系のミュージシャンのリミックスなどにも通じる、ある意味で手垢の付いた手法を行なっている。ちなみにトレヴァー・ホーン主導ということでレーベルもZTTに復帰している。で、これが初期のAONに近いのか?チャイナ・レーベル移籍後の作品の雰囲気はあるのか?数々のリミックス・アルバムは何だったのか?はたまた本作は全く別ものなのか?といったことを考えると、かつてのこれらの作品が見事に一直線状に並ぶような快作となっており、ドビッシーの引用ということもあってクラシック色が強まったことはあるものの(歓迎的な意味合いで)決して彼らの作風を覆すようなものにはなっていない。本作の音楽的な主軸は間違いなくアン・ダットリーだが、プロデューサー気質の他のメンバーのアイディアが随所に取り入れられているようで、単なるクラシックもどきになってはいない点もかつてのファンには嬉しいところだろう。 かつてのAONの楽曲からのパロディ(引用)やサンプルの使用などは思わずニヤリとしてしまうほど嬉しい。機材の進歩もあるのだろうが、かつてのAONよりもサウンドがゴージャスかつ鋭角的になっており、個人的にはハイパー・AONと呼びたいほどである。荒々しいサウンドと曲展開が薄れてより音楽的になった部分がちょっぴり寂しいが、それを差し引いても嬉しい作品である。尚、国内盤はボーナス・トラックとして2曲追加され、更にCDエクストラとして「mataforce」のビデオ・クリップが入っている。新作通販,100%本物保証!,お求めやすく価格改定Seduction of Claude Debussy

煽りメール。

これはだいぶ前にも取り上げた件ですが、 だいぶ前な気がしてましたが、これってまだ今年の出来事だったのですねw ...

商品の説明

"span"Amazonレビュー

"span"Seminal mid-1980s electro-pop players (their hit "Close to the Edit" recently provided sample fodder for Prodigy's "Firestarter"), Trevor Horn, Paul Morley, Anne Dudley, and new addition Lol Creme (of 10cc), have regrouped as Art of Noise just in time to introduce classical-jungle fusion to the world. Using revered composer Debussy's melodic blueprint to build its elaborate, velvety drum amp; bass compositions, the group manages to make what initially seems like a dodgy idea sound somewhat viable, particularly on dreamy, atmospheric tracks like "Out of This World". Vocal contributions come from Sally Bradshaw, Donna Lewis, Rakim, and even actor John Hurt. --Aidin Vaziri

Product Description

Asia reissue of the experimental techno pop/rock group's 1999 album features 13 tracks organized around the work of French modernist composer showcasing what made the group so great. ZTT. 2004.

スペシャライズドも値上げへ!この時代はいったいどうなっていくのやら・・・

ちょっと前にビアンキが値上げを発表しましたが、スペシャライズドも値上げだそうです。 1月1日出荷分からの値上げだと発表されていますが、ちょ...

Seduction of Claude Debussy

えーと、先日アップした記事についてですが。 一応はいろいろ調べて書いている立場なので、もちろんですが信号機の意味も理解してます...

NO IMAGE

2021年を振り返ると。

今年は災難続きで・・・ 2021年を振り返り 今年ほど健康というキーワードを意識した年もなかったなと思うのですが、原因不明な状態で仕事も...

Seduction of Claude Debussy

このアンケートでも出ている件ですが、 というお話。 基本は責任を負わない 基本は飛び石によって車に傷をつけ...

Seduction of Claude Debussy

Seduction of Claude Debussy:私たちのファクトリーは、最高品質の有名ブランドの電子機器を非常に低価格で提供してきました。 99年発表。トレヴァー・ホーン、ポール・モーリィ、アン・ダットリー、元10cc~ゴドレイ&クレームのロル・クレームという布陣で再結成されたAONの新作。AORはトレヴァー・ホーンらが設立したZTTレーベルからデビューした当初はそのトレヴァーが中心となっていると思われていたが、それに反発したメンバーらはアルバム『誰がアート・オブ・ノイズを・・・』発表後、チャイナ・レコードに移籍して活動を行なっていた。グループは素晴しい作品を制作していったが、時代の流れもあってか徐々に失速し、89年の『below the waste』でほぼ活動を停止していた。その後も数々のリミックス盤なども発表されているが、メンバーが関わっていたかは不明である。本作にはアン・ダッドリーの出戻りはあるものの、J.J.ジュクザリク、ゲイリー・ランガンは不参加となっており、彼らに言わせればAONではないという見解にもなると思う。作品はタイトルからも伺えるようにドビッシーの作品の引用による再構築であり、古くはレゲエのダブ、そして近年ではハウス系のミュージシャンのリミックスなどにも通じる、ある意味で手垢の付いた手法を行なっている。ちなみにトレヴァー・ホーン主導ということでレーベルもZTTに復帰している。で、これが初期のAONに近いのか?チャイナ・レーベル移籍後の作品の雰囲気はあるのか?数々のリミックス・アルバムは何だったのか?はたまた本作は全く別ものなのか?といったことを考えると、かつてのこれらの作品が見事に一直線状に並ぶような快作となっており、ドビッシーの引用ということもあってクラシック色が強まったことはあるものの(歓迎的な意味合いで)決して彼らの作風を覆すようなものにはなっていない。本作の音楽的な主軸は間違いなくアン・ダットリーだが、プロデューサー気質の他のメンバーのアイディアが随所に取り入れられているようで、単なるクラシックもどきになってはいない点もかつてのファンには嬉しいところだろう。 かつてのAONの楽曲からのパロディ(引用)やサンプルの使用などは思わずニヤリとしてしまうほど嬉しい。機材の進歩もあるのだろうが、かつてのAONよりもサウンドがゴージャスかつ鋭角的になっており、個人的にはハイパー・AONと呼びたいほどである。荒々しいサウンドと曲展開が薄れてより音楽的になった部分がちょっぴり寂しいが、それを差し引いても嬉しい作品である。尚、国内盤はボーナス・トラックとして2曲追加され、更にCDエクストラとして「mataforce」のビデオ・クリップが入っている。新作通販,100%本物保証!,お求めやすく価格改定Seduction of Claude Debussy