Home  »   »  活動報告  »  全日農が宮城県の震災被災状況を視察

全日農が宮城県の震災被災状況を視察

活動報告

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

2012年01月11日

miyagisinnsai.JPG

 全日農は、昨年3月11日に発生した東日本大震災による農業・農村の被害状況と復旧・復興に向けた動きや問題点を把握し、今後の取り組みに活かすため、1月10日に宮城県仙台市で、宮城県農林水産部から説明を受けるとともに、翌11日には、津波よる被害が大きかった県南部の亘理町を訪れ、名産のイチゴ栽培の復旧に向けた状況などを視察した。
 11日の視察では、亘理農業改良普及センターを訪ね、亘理町・山元町のいちご産地の復興に向けた課題と取り組みを聞いた。(詳細は農民新聞2月15日号に掲載)

このページのトップへ

活動報告